必見!初級講座開設のご案内!

皆様、こんにちは! 恐れていたコロナウィルスの第2波が訪れたようで、引き続き気を引き締めて生活をしていかなくてはならない状況ですよね。スタジオでは8月に予定されておりました、日立市芸術祭が10月に延期になり、子供たちはその舞台に向けて元気に頑張っております。私たち大人がもう少し我慢すれば子供たちの大切なイベント等がなくなってしまったり、夏休みも自宅に待機など犠牲になることは少なくなるでしょうに。感染してしまった人の中には経路不明者が増加傾向にあり、気を付けていても運悪くということもあり得るかもしれませんから、食事、睡眠、適度な運動と、体調管理もしっかりしていきたいところです。

さて、今日のお題にありますクラシックバレエの初級講座のご案内です。私の尊敬するマエストロがご自身も大変な中、アーティスト支援で立ち上がってくださり、このような機会を頂くことができました。PVにもありますが、これからバレエを始めたいとお考えの方、せっかく始めたのに、まだレッスン行けてない方、バレエファンの方、スポーツをされている方、そしてもちろん、ヨーコバレエの関係者の方々には貴重な映像になるかと思います。ぜひ以下をチェックしてみてくださいね!

PV YOUTUBE版 https://l.facebook.com/l.php?u=https%3A%2F%2Fyoutu.be%2FOf_hohs2OmA%3Ffbclid%3DIwAR3f430NcoIZsJaylfYLCbkc9dNNIs2agRJQz7cY985R2pRF3PjloAdEkxY&h=AT0zCq4xkwi6OKqZT9875TD8TN9R6jPhI-_gnPl-tXFM-mI3_hDXSpsHZ3jLO0u1dDTbxcN3e7mftiIqygDER-9eoQqKtc4hN3-nUdQ9Qq8SkndlEdcV1iZEuBHUv0LrGJ6H9g

アリオーソ・オンライン講座 バレエ初級視聴サイト

https://l.facebook.com/l.php?u=https%3A%2F%2Fwww.arioso.co.jp%2Flesson-menu-yoko-ballet-academy%3Ffbclid%3DIwAR0s6MYKe9VQZAOFRWuQQY0wg6LjnYzsELtcl7Q6k7-uBLqn7DcEU69DUJ0&h=AT0zCq4xkwi6OKqZT9875TD8TN9R6jPhI-_gnPl-tXFM-mI3_hDXSpsHZ3jLO0u1dDTbxcN3e7mftiIqygDER-9eoQqKtc4hN3-nUdQ9Qq8SkndlEdcV1iZEuBHUv0LrGJ6H9g

 

みらいに向けて思うこと

皆様、こんにちは! コロナウィルスもピークを過ぎたようでスタジオでも完全ではありませんが、レッスンを再開しております。世間では新しい生活様式とかでコロナとの共存を考えていこうという方向に向かっているようです。そして今もなお見えないところで多くの人たちが、私達の日常を支えていくために努力をしてくださっていることに心から感謝いたします。ですが正直、未来に不安が残ります。このような事態に備えて様々なことがICT化されつつありますが、この機に初めてオンラインレッスン、LINEなど始めてみて、確かに最初は好奇心で楽しいですが、私の中では、これはあくまで緊急手段として置いておくべきだという考えに至りました。  レッスンでは一人一人の様子を観察し、それぞれに違う褒め方や注意の仕方、そして手取り足取り、より一層興味を持ってくれるような説明の仕方など試行錯誤で指導をしてきました。決して容易ではありませんが、生徒たちは舞台上で、憧れの衣装をまとい、幸せそうな笑顔でスポットライトを浴びて、たくさんの拍手や声援を頂き、誰もが主役になります。そしてそれを励みにもっと前へ、もっと前へと進んでいく。そんな姿を幾度となく繰り返し見届けてくることができた幸せが今も私を支えています。

仕方がない状況とはいえ、生徒も私もマスクを着用、極力触れずに距離をとって指導、生徒同士の距離..余計な会話は避ける、触るたびにバーなどの消毒。誰がこんな事態を予測できたでしょう。

先日舞台活動等のガイドラインを拝見させていただきましたが、愕然としました。この先いったいどのように子供たちを守り、芸術活動を続けていけばよいのか、今は良い考えが浮かびません。命が最優先ですから、感情論では解決できません。いや、もしかしたらすべては杞憂に終わり、元のような生活に戻れる日が来るかもしれません。いつか来るその日のためにただただ1日1日、一歩一歩進んでいくしかないのでしょうか。

頑張ります! 見つけられるはずです。出口のないトンネルはないと信じます。

バレエ教師の自粛生活3

皆様、こんにちは。いかがお過ごしですか? 私は近所のスーパーにでさえ週1回しか行けず、ひたすら家でストレッチや、お勉強に励んでおります。

さて、先日お話ししたオンラインレッスンですが、無事開催にいたり、毎日クラスを交代して実施しております。皆さん初めてのことで戸惑う方もいらっしゃいましたが、いざ試してみると、思いのほか簡単で、子供たちはネットを通してみんなに会えることを楽しみにしているようです。

実際のところ、オンラインで指導して技術を上げることは不可能に近いですが、それよりも一人で自習をする上でのモチベーションの維持の難しさを考えると、心をバレエに留めておくために必要性を感じました。学校も同様だと思います。このままだと、学校生活を元に戻すのが困難になることが懸念されます。生活習慣の乱れからくる心の問題です。今は渦中にいて見えない部分がこの先私たちの生活に多大な影響を及ぼすことも不安でなりません。もしかしたら先に私達大人の心が病んでしまい、子供たちに影響を及ぼすかもしれません。気を付けなくては!

少々ずれましたが、子供たちの元気と自身の元気のためにも引き続きオンラインレッスンを行っていきたいと思います。変わらず教室にいるような感覚で大声で指導してしまうので、甘えん坊の愛猫が怖がって寄り付きません(笑)昨日は2CLASS続いたのでさすがに待ちくたびれて椅子の上で寝てました。

バレエ教師の自粛生活2

皆さん、こんにちは。今日は大荒れの天気です。コロナウィルスも感染が拡大する一方で未来に不安が広がります。

私は自粛生活が始まって体温測定と共に毎日日記をつけています。そして頑張っている自分の一日を振り返り褒めてあげます(笑)朝は10分程度のヨガから始まり、コーヒーを飲みながら1日の計画を立てます。バレエ教授法のお勉強をして、英語の勉強をして、合間に家事をして、バーレッスンもします。録画しておいた映画も見ます。バレエは観ません!ジブリ映画やディズニーの実写版です。いつかバレエの舞台でもみんなが楽しめる壮大な作品を造ってみたいと夢見ながら。。。早くみんなに会いたいです!

ところで皆さん、ZOOMを使ったオンラインレッスン興味ありますか? お世話になっている方からご提案いただき、挑戦してみようかなと思っているのですが、使い方理解する前に自粛生活が終わってしまうかしら(笑)とりあえず、高等科でテストしてみます。

写真は愛猫のアレクシスとみんなを励まそうと用意したコロナ対策ネコ饅頭です!渡せず自粛になってしまいましたが(泣)

Zoom無事成功したら、ご報告します。

 

 

バレエ教師の自粛生活1

皆様、お久しぶりです。忙しさを理由にブログの更新もできずにいましたが、自粛生活のおかげで時間ができましたので、ちょこちょこと思いを綴っていきたいと思います。

大変な世の中となりましたが、次の時代を作る若い世代には、しっかりと現実を勉強してもらい、次に何が起きてもおかしくない世の中でどのように生きていくべきなのか考えてもらえたらと思います。

さてと、今日は皆さんにいつか伝えたいと思っていたことを書いてみます。前々回の発表会で私は舞台を引退宣言したのですが、前回の発表会で再び踊りました。「瀕死の白鳥」でどうしても伝えたいメッセージがあったからです。

バレエの瀕死の白鳥は皆さんご存じの通り、フフランスの作曲家サン・サーンスの動物の謝肉祭からの白鳥の曲を使って踊ります。本当に美しいメロディーですよね。謝肉祭とはもともと日頃は言えない悪口などを仮面をかぶることで自分の素性を知られないようにしながら言い合うお祭りなんです。サンサーンスも皮肉屋で知られていますが、自分の知っている音楽家たちを動物に例えて皮肉ったのがこの作品なんです。とくに最後の3曲、ピアニスト、化石、白鳥と続くところはなかなか面白いです。ピアニストの曲を聴いてみてください。まさに練習曲!なんの感情表現も感性もいらないルーティーンワーク。皆さんに例えるなら基本きっちりのバーレッスン、体作りのためのトレーニング、ちまたにあふれている脚上げや驚異的なピルエットの動画。まじめにこれらをすることはバレエを踊るための基礎を作り上げるためには確かに必要です。しかしロボットのようにそれを続けた結果、人々は化石となり、最後は誰も存在しない静かな美しい湖面を優雅に白鳥が泳ぐ姿を曲に表現し、本当の芸術のみが残るということが言いたかったのだろうとされています。

話は戻りますが、美しく高く脚が上がることや、たくさんピルエットを回ることはある見方からすれば芸術でしょう。ですが、そのような要素がなくても、私は作品がその人の人生そのもので表現されれば、伝えたいメッセージをもって表現すれば、見ている方々に確かにそれは伝わっていくものと信じました。人生をかけて得てきたものを生徒たちにプレゼントしたかったのです。

その後数名の方々からとても嬉しいメッセージを頂きました。私の伝えたかったことを、確かに受け止めてくださった方々がいらしたことは、最高の喜びでありました。

また踊られますか? と尋ねられました。

必要な時は必然的に…

今日はこの辺で失礼します。

 

 

 

 

 

コロナウィルス感染拡大防止について

この春、バレエを始めてみたい!とお考えいただいていた皆様、お問い合わせありがとうございます。

只今ヨーコバレエアカデミーでは、コロナウイルス感染拡大防止のためレッスンを一時休校とさせていただいております。(4月12日~5月6日まで)

この間、お問い合わせにお返事をすることは可能ですが、新規入会受付は、5月以降を予定しております。ご理解いただけますようお願い申し上げます。

誕生日

あんなに暑かった夏が嘘のように過ぎ去り、金木犀の香りも微かに、暦の上では冬を迎えてしまいました。
先日、誕生日を迎え、私の人生は秋へと突入いたしました。毎年、生徒たちがサプライズでお祝いしてくれ、温かい気持ちにさせてくれます。この時だけは、”いつも怒ってばかりでごめんよ”と思うのです。

さて、これからどのようにバレエと向き合っていくか。こだわりは捨てずに時代の流れにも少しは耳を傾けて、忍耐強く続けていきますか。ここまで来てやっといかに時間が大切なものか強く感じるようになり、
あまり振り返ることをしない性分ではありますが、華やかに、好きなことを常に優先させて走り続けた時間は十分だったはずなのに、もっと何かをする時間があったかもと、少し後悔があったりします。欲張りですね。体力、気力が落ちた分、最近は落ち着いたように感じますが、性格は変わらないでしょうね。ただ1日、1日を丁寧に生きようと思います。

スタジオでは、来年のアセスメントに向けてリハーサルが始まりました。基本は積み重ねでしかありませんから、舞台のリハーサルは音楽を感じたり、役を演じる事に重点を置いて指導していこうと思っています。
寒さで体調を崩されている方が多くなりました。皆さまどうぞお気をつけてお過ごし下さいませ。

2019バレエフェスティバルを終えて

2019年バレエフェスティバル、沢山の方々に支えられて無事終えることができました。ありがとうございます。

季節は少しずつ秋の訪れを感じるようになり、生徒さん達はすでに次の目標に向かってスタートしました。
本当にバレエは美しく、華やかで、例え短い時間の中でもそれぞれの人生を、ドラマ化した様な踊りを披露する、贅沢な空間を作り出すことができる。ましては日頃、長い時間、それこそ10年、20年と成長を見続けている教師にとっては、舞台袖の緊張感から、スイッチを入れて笑顔でステージに飛び出していく様は毎回感動で、泣けてしまいます。そして今、大人になって一人で舞台に立つあの子はちょっと前までスキップぐらいしかできないほんの5歳か6歳の少女だった。私は彼女達にバレエを教えているつもりでいたけど、バレエを教わっていたのは私自身だったのかもしれない。

いつかは何らかの形で離れていく彼女達、
別れの時はいつだって辛い。涙をこらえながらまた笑顔でスキップする可愛い子達を繰り返し受け入れていく。いったいこれをいくつまで続けていけるのだろうか。なんて考えてしまう事もしばしば。
いつでも受けいれる準備ができている子供達に全力で教えてあげる事ができないのであれば、私はここにいる意味がなくなるのだろう。だからこそ一生勉強ですな。

秋の体験レッスンのお知らせ

秋からバレエを始めて見ませんか?

9月は新規体験レッスンを受け付けおります。

対象クラスはシニアクラス、マダムクラス、バレリーナヨガクラス、幼児クラス(未就学児)です。

クラスの曜日、時間はレッスンスケジュールにてご確認ください。ご希望の方はホームページのお問い合わせから、お申込みください。